杜の都の小さな写真館Ⅱ

puli.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 27日

なくてはならない存在

「捕食する者、捕食される者」特定の動物を深く研究すればするほど,
その種の生物が生態学上その地域に不可欠な存在であることが分かって来ます。
ある種の生物は他の幾種類かの動物が取り去られると生き延びることができません。
また生態系バランスの崩壊は,他の種類の生物にとって災厄を意味し,それは結果的に人間にまで及びます。
なくてはならない存在の意義、視点を変えて見て行くとそこに見えてくるものがあると感じます。
自然界に無駄はありません。
f0185955_10451024.jpg

[PR]

by puli_m | 2017-08-27 11:32 | 猛禽類 | Comments(2)
Commented at 2017-08-28 20:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by puli_m at 2017-08-28 21:40
☆鍵コメさん
こんばんは!
仰る通りかもしれません。
不完全故に事を難しくしたりもしますしね(^_-)-☆


<< 日没      涼を求めて...? >>